ヨーロッパ ラグビー6カ国対抗戦(シックス・ネイションズSix Nations)のシーズン到来!

(火) 1 de 9 de 2015

ヨーロッパの強豪6カ国が参加する国際ラグビー大会, 2016年2月にウェールズにて開催。昨年優勝のアイルランドを筆頭に英国、ウェールズ、スコットランド、フランス、イタリアが凌ぎを削る。

Rugby 6 Nations 2015

ヨーロッパのラグビー最高峰の大会 シックス・ネイションズ2016年2月6日 Millenium Stadium(カーディフ)にて開幕します。2000年にイタリアが加入し今回で16回目となる。開幕戦ェールズvsイングランド、大会は3月21日まで開催。

15人のレッドドラゴンズを筆頭に各国が昨年度王者のアイルランドに挑みます。2014シックス・ネイションズ最優秀選手 Mike Brownを擁する強豪イングランドであるが、11月のニュージーランド、南アフリカ戦では脆さを露呈し敗北、しかし最後のテストマッチとなったオーストラリア戦では調整し勝利を飾り、開幕へ向けて弾みをつける。Stuart Lancaster監督率いるイングランドがレッドドラゴンズとの開幕戦は見所盛り沢山。
      
今大会では優勝候補の呼び名は低いウェールズではあるが2014年大会は3位と好成績を残し、アイルランド、イングランドに次ぐ勝利を収めた。南アフリカ Springboksとのテストマッチでは好プレーを披露し勝利、ニュージーランド出身の監督 Warren Gatland氏の采配によりサプライズとるか。
 

王者アイルランドに挑む列強国

昨年度覇者アイルランドは今年も優勝候補の筆頭との評判であり、1949年の優勝と1983年のフランスとの2カ国優勝など数々の名勝負を繰広げてきたアイルランド。但し、1973年のファイブ・ネイションズでは5が国が2勝2敗となり優勝が決定できない大会も過去にはあった。魂のラグビーと称され観衆を魅了するそのプレースタイルは圧巻である。今回のテストマッチではオーストラリア、南アフリカを破り万全な体制で開幕を迎える。Rob Kearnye やTommy Boweなど好調を維持し今大会での活躍が期待される。Joe Schmidt監督にとっても2015年シックス・ネイションズはその手腕の見せ所である。
        
覇者アイルランドの初戦は2月7日ローマオリンピコで前大会全敗に終わったイタリアとの戦いである。ラグビー新興国イタリアとしては今大会は是が非でも勝利をもぎ取りたいところである。しかしながら、大会前のテストマッチではアルゼンチンに(18-20) 、強豪南アフリカに(6-22)と2連敗し攻守不安定のまま開幕を迎える。フランス人監督Jacques Brunelにとっては可なり厳しい開会になるであろう。
 
同日7日の注目のカード フランスvsスコットランドStade de France フレア溢れる走行とパスプレーを得意として、次々とフォローが湧き出しパスがつながるところからシャンパンラグビーと称されるフランスが地元パリでニュージーランド人Vern Cotter氏率いるスコットランドと対戦します。強豪同士の一戦は好試合間違いなし! 
 
第3節は注目の一戦アイルランドvsイングランドが Aviva Stadium Dublinにて開催される。両チームにはこの試合の勝利が今後の優勝争いでの大きな意味となるだろう。現チャンピオン・アイルランドは是非ともホームの大観衆の前で勝利を捧げたい。世界最高峰のラグビー国際大会を現地でライブ観戦しよう。 チケット販売サイト 絶賛販売中! 見逃せない好試合の連続!