2017-2018シーズン移籍市場終了

(水) 6 de 9 de 2017

9月1日までに2017年の選手の移籍市場が閉鎖されるため、各クラブは主要な動きと移籍のバランスを取る必要があります。

La Ligaに関しては、明らかに今夏の移籍で最も注目された名前はNeymar JRではないでしょうか。バルセロナからフランスリーグ・パリサジェルマンへの突然の移籍が決定しました。 PSGの理事会は、このプレイヤーに220億ユーロの移籍金を支払うことを決定し、歴史的に最も高額なフットボール選手の移籍金となりました。

ネイマ-ルを失ったアスルグラナの技術スタッフは、ブラジルのアタッカ-の穴埋めを探し、すべてのカタロニア人に過去の事を忘れることのできるよう、新たな選手を探す必要がありました。さまざまな可能性を検討した後、クラブはそれ105億ユーロ以上を払って、若いフランス人選手アスメイン・デンベルを獲得しました。彼は優れた功績を残したネイマールの不在をカバーする資格が有るかは未知数であり、ボルシア・ドルトムントがちょうど1年前に支払った15億ユーロを考慮すると、バ

ルサは過度の金額を支払ったように思える。クラブの歴史のなかで最も高価な移籍金の価値があるのか​​どうかは、時が経てば分かるでしょう。チームはそれ以外に、パウリ-ニョを中国の広州から(40億ユーロ)、セメドをベンフィカから(30億ユーロ)と元バルサのジェラール・デウロフェウを(12億ユーロ)で獲得しました。

レアル・マドリードは、リーガとチャンピオンズリーグを制覇し、チームも過去に無く好調で」安定した時期を維持しており、クラブは以前のように移籍市場の主役になる必要は無くなっていた。 新規加入はヴィニシウスをフラメンゴから (45億ユーロ)、セバジョスをベティスから(16,5億ユーロ)、テオ・フェルナンデスをアトレティコ・マドリードより(26億ユーロ)獲得した。若きタレントたちの新加入は未来に向けての確かな投資になるであろう。


それ以外のリーガのクラブは、バレンシアザザユベントス(18億ユ-ロ)で、セビ-ジャがムリエルをサンプドリアからノリートをマンチェスター・シティから(それぞれ20億ユーロ、9万億ユーロ)を獲得、セルタは ドルトムントに13万ドルを払いエムール・モールを、最後にビジャレアルマンチェスター・シティのエネス・ウナールとスポルティング・リスボンのセメドをそれぞれ14億ユーロで獲得した。

PSGによるネイマ-ルの移籍は既に述べたように、天文額的な金額になり、残りの移籍も参照すると、パリのチームがモナコに180億ユーロを支払ったムバッペ獲得の件も忘れてはならない。 したがって、パリサンジェルマンは、歴史上2つの最も高額な移籍金を塗り替え、市場価格に更なる移籍金の増加と混乱を引き起こし、また財政的なフィナンシャルフェアプレーを犯し、選手の移籍市場を破壊しているとされる。

最後に移籍市場で目立った選手は、ハメスのバイエルン・ミュンヘン加入、ヤルノレンコがボルシア・ドルトムントへ、ダニ・アウベスがPSG、シュナイダーがニース、コラロフがローマ、ビリアとボヌッチがミラノへ加入、ウェイン・ルーニーがエバートンに、 アーセナルへはラカゼットが移籍した。