チャンピオンズリ-グの歴史

チャンピオンズリーグ (UEFA Champions League)は、ヨーロッパでのクラブ最高峰の大会である。現在は、欧州各国リ-グのチャンピオンチーム、及び上位クラブが参加し、クラブ最高峰の座を争う。これは、欧州チャンピオンズクラブの名の下、1955-1956年シーズンに設立されました。 UEFAは、南米クラブ選手権の大成功を確認し、旧大会の再編と更新を実施し、欧州クラブ間の承認を得て編成を決定した。1992年には、リーグ形式でグループステージを追加して、現在のUEFAチャンピオンズリーグに名称を変更することで再構築し、大会の質も改善されました。当初は欧州の各国リ-グの優勝クラブのみに参加資格が有りました。 1997年には、各リーグのためにUEFAが制定した規則に応じて、強豪国の4位までのクラブも1999年より参加が可能となった。(但し、予備選からの出場もあり)
:当初は十八チームが参加し、今日のマジック・チャンピオンズ施のための先陣を切り同大会をサポートした:スイス, スペイン, ポルトガル, ユーゴスラビア, オ-ストリア, オランダ, イタリア,ザール (フランス保護領) , デンマ-ク, フランス, ハンガリー, ベルギー, スウェ-デン, ポ-ランド, ドイツ,スコットランドの国々が参加。当初、イングランドはこの大会をサポートしていなかったが、数年後にマンチェスター・ユナイテッドが最初の英国代表として参加した。このプロジェクトの初年は18の参加チームで大成功を収め、2年目は同じ国のリ-グ2位チームを含め、22チ-ムまで増加した。


最初のリーグタイトル

最初の5年間はディ・ステファノとその仲間  ‘vikingos’レアル・マドリードが大会を席巻、5年連続のカップ5連覇を勝ち取った。それ以来、何処のクラブもこの記録を破ることはできていない。その後の第6回大会、レアル・マドリードは、第2戦で永遠のライバルであるFCバルセロナに敗れ、6連覇の夢は断たれた。その決勝ではバルサにポルトガルのベンフィカが勝利し初優勝した。 しかしながら、マドリ-の5連覇の偉業は今なお、世界的に尊敬されている。

フットボールクラブのエンブレムは各クラブの誇りであり、その業界のブランドでもあります; 2000-01シーズンの初めから、6つのクラブにはチームシャツの左袖にチャンピオンのロゴを着用する特権が与えられました。UEFAチャンピオンズリーグで3連覇、又は5回以上優勝したチームにはビッグイヤーとロゴに優勝回数を掲げたオーバルの特性エンブレムが与えられるようになった

いくつかのクラブがUEFAにより栄光のエンブレムを付与しています:レアル・マドリード(11杯・エンブレム)、ACミラノ7杯・エンブレム)、アヤックス(4杯・エンブレム)、バイエルン・ミュンヘン(5杯・エンブレム)、リバプールFC (5杯、エンブレム)、FCバルセロナ(5杯、エンブレム)など。 これらのチームのカップの数を利用して、どのカップがオリジナルであり、どのカップがレプリカであるかを知ることが出来ます。 これらのクラブ1996年に制定されたUEFAの規約により、トロフィ-を新しいチャンピオンに引き渡す義務を負わずに元のカップを保持する権利を持つ。トロフィ-保持資格:UCLを3回連覇、または5回以上優勝した場合クラブに与えられる。 レアル・マドリード(5連覇、6回の制覇)、FCアヤックス(3連覇)バイエルン・ミュンヘン(3連覇)、ACミラン(5回優勝)、リバプールFC(5回優勝)、FCバルセロナ(5回優勝)

 

得点王

サッカーの世界では、最も頻繁に使用される単語がゴールであり、我々はヨーロッパの各国のトップスコアラーを見逃す訳には行きません。 この最高峰の大会で、最も多くの得点を記録した選手のリストは以下の通りです。 95以上のゴールでリードしているのは、ポルトガル人選手のクリスティアーノ・ロナウドである。 第2位は93ゴールのアルゼンチン・リオネル・メッシ。 引退した元レアル・マドリードのラウール・ゴンサレス・ブランコは71ゴールで3位、後者は引退したファン・二ーステンロイ、フランス人のティエリ・アンリカリム・ベンゼマ(現役)、インザ-ギシェフチェンコディ・ステファノらの名プレイヤーが名を連ねます。

  
我々はここで、欧州フットボール・クラブの最高峰チャンピオンズリ-グでより多くの試合に出場してきた名手をご紹介致します。166試合に出場し、レアルマドリード(出場回数の90%がレアル)に所属し数々の好プレ-を記録し、現在はFCポルトでプレ-するスペイン代表のGKイケル・カシージャス。その次にFCバルセロナで黄金期を形成したシャビ・ヘルナンデスが157試合に出場し、2014年までCLで活躍した。3位の出場記録は、マンチェスタ-ユナイテッドで長きに渡り活躍したライアン・ギグスが151試合出場と続きます。

それは1955年に始まり、今日まで、UEFAチャンピオンズリーグの賛美歌を聞いて、誰もがそれによって興奮感に満たされてます。人々は歴史に残るであろう、クラブレベルでの最高峰のフットボールを観戦し、記憶、体験する機会を持つことが可能となります。偉大なヨーロッパの決勝戦を開催している競技場は、ギリシャの神々のオリンパスやローマコロシアムと比較することができます。カンプ・ノウサンティアゴ・ベルナベウウェンブリアリアンツ・アリーナベルリンスタジアムは、この大会の決勝戦が行われたスタジアムの一部であり、数々の名勝負、名場面を残し、多くのフットボールファンを歓ばせてきました。これからも更にハイレベルなフットボールの試合が展開されるであろう。